身長を伸ばすのに最も適した時間とその時期は?

身長を伸ばすのに最も適した時間とその時期は?

身長を伸ばすのに最も最適な時期は?

身長を伸ばすことと睡眠は密接な関わりがあって、切り離すことができない事柄です。

 

身長をできるだけ高く伸ばしたいと思っている人は、身長が伸びる時期や睡眠の時間についてしっかりと把握しておく必要があるのです。

 

一言に「睡眠」と言っても人によって様々な睡眠のパターンがあると思います。
寝つきが良く、一度眠りに落ちるとほとんど朝まで目が覚めない人や、反対に床に入っても数時間ごとに目が覚めてしまって中々熟睡できないと言う人もいるでしょう。

 

 

身長を伸ばすためには成長ホルモンが大きな役割を担っています。

 

この成長ホルモンの働きが活発になるのは、寝入ってから3時間程経った頃からだと言われています。
ですので眠りについてからはしっかりと深い眠りに落ちていることがとても重要となります。
2〜3時間ごとに目が覚めてしまうような人は、十分な成長ホルモンの分泌が行われていないと言うことになりますので、成長期であっても思うように身長が伸びない場合が多いようです。

 

このように身長を伸ばすためには睡眠が非常に大切であり、またその睡眠はぐっすりと眠れる質の良いものでなければ意味がないと言うことは、だいたいお分かりいただけたと思います。

 

ですのでぐっすりと深い質の良い睡眠を得るためにはどの様なことに気をつければいいのかなどについて、あらかじめ自分で調べて知識をつけておくことをお勧めします。

 

人間は誰にでも成長期というのがあります。
個人差は当然ありますが、男子も女子もだいたい10才〜15才ぐらいの間に成長期が訪れて、この時期には体がグングン発達していき、身長も急に伸び始めるようになります。

 

この成長期に、身長を伸ばすために必要なアプローチをするのとしないのとでは、結果的に大きな差が出てしまいます。

 

成長期が終わってしまうともう身長は全く伸びないの?と言われると、実はそうではありません。
例え成長期は終わってもまだ身長は伸びる可能性はあります。
周囲にも大学生になってからでも「また大きくなったんじゃない?!」と思うような人は結構います。

 

勿論一番効果的に背を伸ばそうと思うなら、成長期に色々と身長に関わることを働きかけてやると良いと思います。

 

でも成長期が過ぎてしまったからもう何をしてもムダ!と決め付けて、全てを諦めてしまうのは勿体ないことです。
本来ならもう少し背が伸びたハズだったものを、自ら放棄しまったことになります。

 

 

自分の子供が、成長期なのに思うように身長が伸びなかったといって親が気にしすぎるのは良くありません。

 

子供に余計なプレッシャーを与えてしまうことになります。
成長期はあくまでも「背が伸びやすい時期」だという事を忘れずに、その先も質の良い睡眠などの正しい生活習慣を身につけさせることが大事です。

 

それに成長期といってもその時期や期間は個人差が大きいものです。
もうこれ以上は無理だろうと勝手に決めつけないことが大切です。

 

 

>>成長期が過ぎても身長が伸びる驚きの方法はコチラ

 

ホーム RSS購読 サイトマップ