身長が伸びるとはどういうことか

身長が伸びるとはどういうことか

なんで身長は伸びるの?

身長には遺伝的要素よりもかなり大きい割合で、後天的な要因が影響しているということはおわかりいただけたと思います。

 

約75%が後天的な要因が影響しているのだとすれば、それらを気をつけることでかなりの確率で身長を正常に伸ばすことができると言えますよね。
でもその後天的な要因が何なのかということをしっかりと把握していないと、身長を正常に伸ばすための手助けが上手くできません。

 

ですのでまずは、身長が伸びるというのはどういうことなのかについて、少しその仕組みを勉強する必要があります。

 

背が伸びるということは「骨が伸びる」ということです。
私たちの体は骨が伸びるに伴い筋肉や皮膚なども一緒に成長していって背が伸びます。
骨が伸びるのには成長期があって、その成長期が過ぎて大人になってしまうと、やがて骨の成長は止まりそこから身長を伸ばすのは難しくなると言われています。

 

骨の先には骨端線と呼ばれる柔らかい軟骨があって、この軟骨が成長期にどんどん伸びて硬い骨になっていくことで身長が伸びていきます。

 

大人になってこの骨端線が硬くなるにつれて骨の成長はストップし、もうそれ以上身長が伸びることはないと言われています。

 

ですので身長を正しく伸ばすためには、この骨端線の成長を上手く促すようにサポートすることがとても重要なポイントになってくるのです。

 

遺伝的要素を除いた約75%は後天的要因が影響しており、睡眠と運動と食事が大きく関わっています。

 

この「睡眠・運動・食事」の3つは身長が伸びるための骨端線の成長にとても深く関係しています。

 

最近の子供たちはだんだんと寝る時間が遅くなっている傾向があって、十分な睡眠時間を取れないことが多いようですが、なるべく質の良い睡眠をとるようにしたいものです。
睡眠不足だと体や脳の疲れが取れないばかりか、骨の成長に必要な成長ホルモンの分泌にも悪い影響を与えてしまい良くありません。

 

そして近頃では子供の運動不足がとても深刻な問題になっています。

 

なるべく日頃から適度に体を動かす習慣を身につけると良いでしょう。

 

あとは食事についてですが、できるだけ栄養バランスのとれた食事をとるように心がけます。
とは言っても食事は毎日のことで大変でしょうから、週単位で栄養のバランスを考えた献立にすると作る方も食べる方も負担が少なくて済みます。

 

このように正しい生活習慣に気を配るようにすることで、子供の身長を正しく伸ばしてあげる手助けができるのです。

 

 

>>身長を誰でも伸ばせる驚きの方法はコチラをクリック

 

 

↓身長教材を実際に試した結果
http://www.ureruconsul.com/modelsintyou-1nitime.html

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ