身長と遺伝はどのくらい関係があるのか

身長と遺伝はどのくらい関係があるのか

身長と遺伝はどのくらい関係があるのか

自分の身長が低いことで悩んでいる人は意外と多いものです。

 

そういった人のもう一つの悩みは、自分がやがて子供を持ったとき、その子まで背が低くなってしまうんじゃないかという心配です。
親なら誰でも自分と同じ様な身長の悩みを子供には持って欲しくないと思うのが当然ですよね。

 

確かに身長の伸びる伸びないは遺伝の部分の関わりがあると言われています。

 

しかし実際には親の身長が低くても、子供の背が高く成長するということもたくさんあるのです。

 

周りを見てもその様な親子は結構たくさんいると思います。
私の知り合いでもご両親はとても小柄で背が低いのに、お子さんはとても背が高くて「いったい何を食べて育ったんだろうね〜」なんて良く話題になっていました。

 

自分の子供の身長が思うように伸びないと、親としては自分の遺伝子のせいでは?と思って非常に申し訳ない気持ちになってしまうことでしょう。
でも実は遺伝が身長に影響している割合はわずか25%ほどなのです。

 

この数値をどう感じるかは個人差があると思いますが、遺伝が与える影響が半分以下という数値は思ったよりもずっと低いと感じる人が多いのではないでしょうか。

 

自分が低身長でずっとコンプレックスを背負ってきて、我が子にも同じ辛い思いをさせるのは可愛そうだと思い、中には子供を持つことをためらっている人もいます。
でも遺伝が我が子の身長に影響するのは25%で、あとの75%は後天的な要因が大きいとしたら、子供を持つことをためらう理由はないのではないでしょうか?

 

では75%という比較的大きい割合を占める後天的な要因というのはいったい何なのでしょうか。

 

身長を伸ばすためにはしっかりとした睡眠と運動、そしてバランスの取れた栄養をとることが非常に大切で、これらがきちんと出来ているかどうかで身長の伸び具合は断然変わってくるのです。

 

ですから自分の身長が低いから子供もきっと思うように背が伸びないだろうというのは間違いなのです。

 

最近の子供は以前と比べて睡眠時間がグッと減ってきています。
年齢に応じた睡眠時間をとって頭と体を休めるということが難しくなっているのです。

 

また食生活も昔のような日本食ではなく欧米化が進み、インスタントや偏った食事などで栄養バランスが良くない例が多いです。

 

特に食事に関しては普段から気を付けてバランス良い栄養を取ることは中々難しい場合が多いかも知れません。
ですので骨の成長を助けるのに良いサプリメントを服用するというのも一つの方法です。

 

「遺伝だから仕方が無い」と決め付けてしまうのではなく、身長を伸ばすために良い生活環境を与えてあげるように努力すると、子供の身長は正常に伸びて行くのです。

 

>>遺伝を全く無視し身長を伸ばす驚愕の方法はコチラ

 

ホーム RSS購読 サイトマップ