身長と密接な関わりがある3つのホルモンって何?

身長と密接な関わりがある3つのホルモンって何?

身長アップにかかせない3つのホルモン

成長ホルモンという言葉はきっと誰でも聞いたことがあると思います。

 

人間が大きく成長する為にかかせないホルモンで、この成長ホルモンの分泌によって身長の伸び具合も大きく変わってくるのです。

 

成長ホルモンと身長は密接な関係があるということがわかっていますが、この他にも身長を伸ばすために必要なホルモンがあります。

 

甲状腺ホルモンと言われる甲状腺から分泌されるホルモンで、これは骨の成長を助けるのに必要な全身の細胞に作用するホルモンです。

 

そしてもう一つ性ホルモンと言われるものがあり、この性ホルモンは思春期が来ると分泌が盛んになり、成長ホルモンの働きを助長させる役目があります。

 

この3つのホルモンが身長を伸ばすためには重要なのですが、ではどの様にすればホルモンの分泌を活発にすることができるのでしょうか?

 

実は普段の生活習慣がホルモンの分泌に大きく関係しているのです。
生活習慣を正してホルモンの分泌を活発にするよう促すことが、身長を伸ばすこと=骨の成長には大切なのです。

 

まずは成長ホルモンについてですが、こちらは「睡眠」と深い関わりがあります。

 

寝る子は育つと良くいいますが、しっかりと質の良い睡眠を取れていれば成長ホルモンの分泌が活発になって骨の成長を促すことになります。

 

質の良い睡眠とは、どういったものでしょうか?
人間はノンレム睡眠時の深い眠りに落ちている間に、成長ホルモンの分泌が一番活発になることがわかっています。

 

ですので寝入りばなにぐっすりと眠れるような環境が、成長ホルモンの分泌には必要なのです。

 

しかし最近は運動不足や不規則な生活などでしっかりとした睡眠をとれる人が少なくなってきているようです。

 

ですので普段の生活習慣を見直してみることをお勧めします。

 

運動不足の人は昼間はよく体を動かすことによって適度に疲れ、床に着けばぐっすりと眠れるようになるでしょう。

 

質の良い睡眠がしっかり取れるほど成長ホルモンの分泌が盛んになりますので、子供の頃から正しい生活習慣に気を配らなければなりません。

 

一番体が発達する成長期に生活習慣の乱れによって満足な睡眠が取れていないと、ホルモンの分泌が上手くいかずに本来伸びるべき身長が止まってしまうことになるのです。

 

成長ホルモンは3つあるホルモンの中では一番生活習慣に影響されやすいホルモンなので注意が必要です。
でも逆に言い換えれば、自分で生活習慣を正しさえすればホルモンの分泌を促すことができるので、調節しやすいホルモンと言えるのではないでしょうか。

 

そして甲状腺ホルモンについてですがこれも骨の成長に必要なホルモンで、新陳代謝を活発にし成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

 

性ホルモンは思春期に多く分泌されるホルモンで成長ホルモンの分泌にも関係しており、骨に直接作用して成長を助ける役割があります。

 

このようにホルモンが身長を伸ばすことに大きく関わっていることを知ることで、普段の生活も大きく変わってくると思います。

 

背を伸ばしたいと思っているのなら、これらのちょっとした基礎知識を知ることはとても重要なことです。

 

睡眠は身長のために大事だとただ漠然とわかっているだけでは今いちピンとこないものですが、こうしてホルモンとの関係性を知ることで、生活習慣を見直すことの大切さも見えてくるのです。

 

 

>>ホルモンを効率的に分泌させ身長を伸ばす方法はコチラ

ホーム RSS購読 サイトマップ